おはようございます。

本日は、悪天候のため、特別に、休業いたしました。
あまり、悪天候の最中での運転も考えものですからね~

どうしてもっていうときは、仕方ありませんが、
事故をおこしては、意味ありません。

さて、昨日は、浜松で、お仕事でした。
途中、蒲郡を抜けるんですが、
その山道途中に、安全確認が、難しい場所があります。
ご紹介しましょう。

ここは、23号線の東大内インターを降りて、数キロ走ったところ
です。
山道ですからさほど、車の交通量も多くは、ありません。
しかし、ここの一旦停車は、
私の走ってきた道とそして、前方の道が鋭角に交差しています。
つまり、高速道路での合流に、似ています。
しかし、後方が、みかんの木々で、全く見えません。

山中だから、車が来ないだろうと高をくぐると、
痛い目にあいます。
こういう時は、車の前部が、ぶつからないよう
ゆっくりと、合流側の進行方向に向けて出ます。
しかし、顔は、90度じゃなく
180度に近い、ぐらいにむかないと、見えません。

でも、見ましょう。ぶつかったら、
痛い思いと、下手をするとお金が飛んで行きます。
でも、安全確認をして、車が来ないのを
確認してゆけば、何も生じません。

ひょっとして、パトカーとすれ違って
一旦停車をしなかっただろうなどとも言われかねませんからね。

こういうところ、抑えておきましょう。
では、また。