おはようございます。

 

昨日、仕事途中で、中央分離帯から、老人男性が、ひょういと
顔を出しました。
え~~こんあ¥なところで、も~です。
しかも、信号が青いに変わって、加速しているころです。
やむなくスピードダウン。飛び出してきて、はねたら
大変です。

隣には、家内が乗っていました。
あぶないね~~といっていましたが、本当です。

何気なく
飛び出されて、はねたら大変です。
しかも、後ろの車も加速してますから、前も後ろも危険です。
でも、やむえません。減速です。
幸い、大人しく、顔を背けて、渡ろうとする意志は、無さそうでした。
でも、本当に危険ですよね。
さて、
対向車があって、あなたは、右折をしたいという時に、
その対向車との、距離を一瞬で測って、
ご自分の車が難なく、渡り切れるという状況を
運転中に、素早く判断できますか?
ざっとでいいんです。
反対車線から、対向車がこちらに、向かってくる時に、
道路上の、真ん中にある白い破線を、その右折まで、どれだけあるか
計算します。加えて、こちらからも、どれだけあるかを
計算すれば、車同士の走行距離がでますから、
あなたの車が、ぶつかるか、ぶつからないかが、
すぐに、出ます。
行けそうなのか、行けそうにないのか、
もちろん、お互いの車のスピードにもよりますが、
それほど、大きな差がなければです。

私が、ここで、言いたいのは、何かを、目安にして、
安全を確保するということです。
具体的であれば、あるほど、わかりやすく
安心できます。
お試しあれ。