おはようございます。

昨日まで、静岡で、教習を営んでまいりました。
特記すべき事は、お客様のご希望を叶えるべく
静岡より、横浜まで、参りました。
ただ、横浜に入ると、高速道路の乗り降りが、思ったよりスムースに
いかなかったことが、残念でした。もう少しgoogle mapで下調べが必要でした。
やはり、車両の多い時間や、後続車がいるのを少しやり過ごした
後おこなった方が、良かったのかと
思う節もありました。

私が、横でナビをさせて頂いたんですが、
ペーパードライバーの方には、高速での乗り降りは、
とても難易度が高いと今回、思い知らされました。

やはり、車の運転で、キーになるのが、いかに早めに情報を
掴むかです。
具体的には、先の見えない
カーブがあった時に、そのカーブの大きさとそれに、
ちょうどよいスピード、ハンドリング、
また、高速道路での真っすぐ、走行できるかどうか
昨日、500kmほど、走行致しましたが、
自分で、そんな事を思い返しながら、戻ってまいりました。

まず、やはり、ぶれない、修正を早めに行うと
いう事を心がければ、それほど直線を走行するのにふらつく
事は、ありません。 (ただ、どこでふらつきを、感じ取る
のか?ーある程度ふらつかないと、気が付かないのか?)
などと、ペーパーの方の思いと自分の技量の差を、いかに
縮められるのか? ずっと考えながら、走っていました。
また、
万人が、同じ行動で、きちんと走行してくれればいいですが
どうも、常軌を逸脱した輩もいないでもありません。

確かに、昨日も白のベンツのジープが縫うようにして
高速は、150km/hぐらいの速度で、
私の横の走行車線を走り抜けていきました。

怖かったです。
こういうのが、人に与えている恐怖って、考えているんでしょうか?

心理的な、威圧や恐怖感をあおって、事故を誘発しかねません。

そう思うと、かなりの心臓と度量も、要求されます。

ただ走るというのは、だれにでもできるんでしょうが、
上手く走るというのが、とても難しいですし、
大げさかもしれませんが、音楽の曲を弾いているような
感じで、走行ができれば、いいんでしょうが、
一つ音を間違えると、曲が成り立たないというのを
感じ取ってもらえると、
もう少し、ギアが一段あがって捕らえられる感じがするんですが、
いかがでしょうか?
では、また。

お電話でのお問い合わせ

090-8547-5673

※「WEBサイトを見た」とお伝えください。

メールフォームはこちらから